映画鑑賞とは

映画鑑賞とは、映画を観て味わうがごとく理解することです。基本的には映画館などの劇場、自宅などで行うものを指しています。さて、最近の映画鑑賞事情はどうなっているのでしょうか。統計的に映画鑑賞で一番多い方法は自宅でのテレビによる映画鑑賞とのことです。テレビさえあれば鑑賞可能なので、一番手軽で便利なのは確かです。

自分の観たい映画を選択できないという欠点がありますが、人気作の予告などを観ると一度観ている映画なのについつい見てしまうのはなぜなのか? テレビがデジタル化された現在では、デジタルリマスタ版など鮮明な映像で楽しむことができるようになってきています。映像はさらに進化し、そこまで鮮明にしなくとも十分綺麗だと思うところまで来たような気がしますが、これから先はどうなるのでしょう。

上記の映画鑑賞は地上波の場合ですが、有料の有線放送、CS、BSに加入していると選択の幅がだいぶ広がります。さらにネット回線などを利用した映画鑑賞法もあります。これらを利用するとレンタル店に足を運ばなくても映画が選べるので便利だと思われますが、出不精になる恐れもあるので健康を保つための自己管理を怠ることがないよう注意をした方がよいでしょう。

一般家庭にビデオデッキが普及するまでは、映画鑑賞と言えば映画館かテレビの二択という時代でした。さらにさかのぼり、テレビが普及する前は映画の全盛期だったはずです。当時は今とは比べものにならないほどの映画製作数があり、銀幕のスターも華やかにスクリーンで活躍していたようです。やがてテレビ放送が始まるようになると徐々に映画産業が衰退していったのでした。

今でこそ映画は息を吹き返してきた感もありますが、一時は惨憺たる状況でした。映画館も次々と廃館に追い込まれ、だいぶ数を減らしてしまいました。これまで残っている映画館でも地方の小さな映画館などは存続の危機があると言われているようです。一館でも多く存続されていくことを願ってやみません。いくら映画鑑賞が便利になったとはいえ、映画館での鑑賞が一番いいと思いますから。

新作を初めに観ることができるのは映画館での鑑賞です。大きなスクリーンで観る映画はやはり良いものだと再認識させられます。ですがここ数年は観客数が少しずつ減ってきているようです。期待の新作で動員数を増やすことが今後の課題となることでしょう。映画館での映画鑑賞と言えば気を付けたいのは、マナー違反です。飲食物で他の人の迷惑にかけてしまったり携帯やスマホのマナーモードを忘れたりしないよう、注意しましょう。

ちなみに「映画鑑賞」という言葉は「鑑」の漢字を用いますが、「映画を観る」の場合は「観」の漢字を用います。「鑑」の漢字は良いものかどうか、見分けるためのものという意味があり「鑑賞」という言葉は主に芸術に関する表現を理解するという意味があります。「観」は見えるものに対して使う漢字で、特に自然や動物などに関する風物に用います。従って「観賞」という言葉を使う時は自然のもの、動物などを見て楽しむ場合になります。

1.GOODS  MOVIES  COLLECTION
手作り感が魅力的な古き良き時代の映画ポスターが満載!

2.帰ってきた渡り鳥
小林旭ファン必見!主演映画の解説、意外なこぼれ話も。

3.KUBRICK.blog.jp
サイト管理人の異才映画監督への愛がビシビシ伝わってくる。

4.韓国女優情報満載!韓国ドラマから韓国語まで~レッツ!韓国~
韓流映画、ドラマの情報が豊富!注目の韓流芸能人の情報も必見。

5.ONE PIECE人物学
ONE PIECE登場人物の魅力を徹底解説!

6.ジョニーに逢えたなら/ジョニー・デップ応援サイト
ファンなら絶対見飽きない。ジョニー・デップの写真が満載!

7.ガースのお部屋
刑事ドラマの魅力をネオンカラーの斬新なサイトで味わおう。

8.いつかはホームシアターをつくろう
ホームシアター製作のコツを経験にもとづいて解説してくれます。

9.名作映画・洋楽名盤ガイド
様々なジャンルの映画を独自の視点で徹底解説しています。

10.映画の窓ぎわ
新旧様々な映画について語る。ダメダメ映画ランキングも必見。

11.そして、フッ、消えた….
ユージュアルサスペクツだけを熱く語るマニアな映画サイト。

12.特撮大陸パンゲア
昭和30年代の特撮映画ポスターが、今となっては逆に新鮮!

13.映画の森てんこ森
見たい映画に迷ったらココへ!最新映画の情報満載。

14.CHANNEL CINEMA.COM
映画をさまざまな角度からランキング。アノ映画は何位?