観方を変えれば映画も変わる?楽しい映画鑑賞法

どうせ映画を観るのなら、楽しい映画がいいじゃないですか。そうは言っても、観る前から楽しいかどうかは判断しかねますよね。評判倒れの作品なんて、それこそ山の数ほどもあるのです。観た後にどんな感想を持つことになるのか、期待と不安が入り混じるこの感じこそ、映画を観る人にとっての醍醐味の一つだとは思いませんか? そうは言っても、できれば期待通りの方がいいのでしょうけどね。

どんな映画でも楽しむことができるような人がいるとすれば、それは大変うらやましいことです。何といっても観る映画に困ることが無い。もしこんな人が映画評論家になったら、どんな評価をしてくれるのでしょうか。どれもこれも褒めてくれるので、映画製作の関係者にとっては非常にありがたい存在となることでしょう。でも実際そんな人が映画評論家として活躍していますか?

もしかしたら、そういう人が実在するのかもしれませんが、あまりその評価を信じようとは思わないでしょう。やはり良いものは良い、悪いものは悪いと断定してくれる評論家を頼りにしますよね。ただ、評論家であろうと一介の映画ファンであろうと、作品に対して思う感想は各人で異なります。学校のテストとは違い、正しい答えというものがないわけですからね。

映画を観ることに、正しい答えなどないとするならば、どんな観方をしようとも自由であることがわかってきます。もちろん、いくら自由であるといっても、映画館で他人の迷惑になるような行動をとることはいけません。それがわかっていない人をたまに見つけることがありますが、最低限のマナーくらいは守ってほしいものですね。まだ善悪の区別がつかない乳児ではないのですから。

さて。映画の観方は自由であることと同様に、観る映画を選択するのも自由です。まあ年齢制限のある映画はそう自由に観ることはできませんが、一般人であればそういう制約もなしに映画を選ぶことができます。大概は自分の好みに合った作品を観るでしょうが、たまには趣向を変えて、観たことのないジャンルの映画を観るというのも楽しいかもしれませんよ。

同じジャンルの映画ばかり観ていると、マンネリを感じてしまい、やがては映画がつまらなく感じてしまうかもしれません。そこで自分の趣味ではない映画を観てみるのです。その映画が面白かったのかつまらなかったのかは鑑賞後に判断できますが、その前にこれまでとは違う新鮮味を感じられると思います。同じものをずっと続けて観ていられる人でも、新たなジャンルの開拓に心躍る瞬間があるかもしれません。

新鮮な感覚に触れた後ならば、これまで好きだったジャンルの映画も、また一味違う感じを体感することが可能になっていると思います。さらに違うジャンルへの挑戦もありですよね。映画を楽しむ範囲が広がれば、さらに新しい楽しみも増えてくることでしょう。映画を通じての出会いによって、何かが生まれるきっかけとなるかもしれません。

ただ、注意しておきたいことは出費がかさんでしまうことです。懐具合と相談して、有意義な映画ライフを充実させることを祈っています。